人気EBOOKランキング

1位 芸能事務所も採用している
自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法『B-UPガールズ』


2位 意志が弱いほど“やせる”方法 【スーパーダイエット】


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
「0kcal」「ノンカロリー」の甘いワナ
JUGEMテーマ:ダイエット

「0kcal」 「ノンカロリー」 の甘いワナ

最近、清涼飲料水などでよく見かける 「0kcal」 「ノンカロリー」 の表示。

甘さはあるのにカロリーがゼロって本当?と思いませんか。

 
食品の成分表示は、 「 健康増進法 」 という法律に基づいていて
「0kcal」「ノンカロリー」と表示できる基準は、以下のように定められています。
 

「ゼロ、ノン、無」と表示できる基準
 ※食品100g(飲料の場合には100ml)当たり  

熱量(エネルギー):5kcal未満  
脂質:0.5g 未満  
飽和脂肪酸:0.1g 未満  
コレステロール:5mg未満  
炭水化物:0.5g 未満  
ナトリウム:5mg未満


例えば100mlのカロリーが5kcal弱の飲料の場合には
基準値である5kcal未満の条件を満たしているので、「0cal」 と表示できてしまうんです。


確かに低カロリーではありますが
厳密に言えば、この飲料は0kcalではないのですね。


500mlのペットボトル1本を飲んだとしたら約25kcal摂取することになります。


完全な0カロリーであると勘違いして、ダイエット中も安心して大量に飲んでいたら
カロリーオーバーになってしまうかもしれませんね。


また、こういった飲料の「甘さ」のもとは人口甘味料によるもの

人口甘味料は砂糖より少量でも、その何倍も甘みを出すことができるため
カロリーを抑えることができているのです。

人工的に作られたものですので、決してカラダに良いものではなく、
習慣的な摂取は控えたほうが良いでしょう。


何よりも甘い飲み物を飲む習慣がつくと
通常の甘味が物足りなく感じたりさらに甘いものへの欲求がエスカレートしてしまうこともあります。


ダイエット中に欠かせない水分補給は、やはり水やお茶で行うのがオススメです。
「0kcal」 「ノンカロリー」の表示を見たら、まずは疑ってみてくださいね。
| karadatukuri | ダイエットコラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://karadatukuri.jugem.jp/trackback/38